なんかこう。

過去の日記に彼がしたためた最後の想い。
それくらい叶えてあげないといけないね。
それくらい叶えようともがいても、罰はあたらないかい。

「愛せるときに、愛したい人を、精一杯愛してあげてください。」

あなたは、あなたたちは、そうできていますか。
あとで悔やまないように、いつでも大事にできていますか。
いつ無くなるかわからない幸せを当たり前と思うな。
すねることはあっても、いつでも大事に想え。



そういや、近いうちに引越します。
都内の端っこのほうに。

本当ならとっくに一人暮らしでもしていたかもしれない。
もうあれから一年経とうとしてるのね。
引越しが終わるころには一年経っている。
まさかね、カレンダーが変わる頃にこんなことになるなんてね。
ほんと、人生何があるかわからない。

奇しくも、あの日々で覚えたことがここで役立つ。
何がいるのか、何があればいいのか、全部知ってる。
広いけど、その全ては使いきらなかったあの部屋で。
私から生まれていた笑顔は、もう二度と生まれない。
あの日々で生まれなかった笑顔が生まれたから、それはおいてく。

来年の頭は幸せに過ごさせてもらっていいのかしら。
今年の始まりはあまりに惨かったから。
何をしてたかも覚えてない。どこにも出かけていない。
無気力で外に出られないなんて、知らなくてよかったのに。
来年の頭は暖かいからだで過ごせるのかしら。
今年の始めはあまりにも冷え切っていたから。
誰にも触れられなかった。折角手が二本もあるのに。
ひとがこんなに恋しいだなんて、覚えなくてよかったのに。

淋しいとか、切ないとか、苦しいとか、会いたいとか。
自然とくちから漏れてくるほどだった。
今はもうそんなことはない。
代わりにでるのは、あまりにも陳腐な言葉だけ。
それでいいのよね。
それがいいのよね。
自然とくちから漏れるのは、幼い言葉だけが仕合わせ。


ねぇ、愛してる。
幸せにしてね。
私も精一杯、愛せるときに愛すから。


「愛せるときに、愛したい人を、精一杯愛してあげてください。」
「愛せるときに、愛したい人たちを、精一杯愛させてください。」


あと私は欲張りだから、精一杯愛してくださいっ。





満ち足りてる部分は満ち足りてて

どうしようもない部分はすかすかで

ひらいちゃった部分は埋められないようで

相手は思ってないかもしれない。考えてないかもしれない。
そこが問題なんじゃなくて、私自身がそう感じたことが問題。
間に広がったのは彼らにとっては希望の道。
私にとっては、ただのバリケード。
近づける。近づけるけどひとりじゃ壊せない。
壁のこちらがわでうらめしくみているだけ。
そんなのイヤだから、もう道を見つめないでいようかしら。
こんなこと考えてると、相談してねとか、話しかけてねとか。
そういう風に言ってくれるひとのために道があるのよ。
そして私は、あなたたちに誂えた道を見て唇を噛んでいるのよ。
面倒だと思うのと、交わりたいと思うのと、見事に混ざって重なって。
人見知りな私は知らないひとたちに囲まれて笑う君を見て。
あぁ、これは要らないなと感じるのよ。
君たちが知ってる彼と彼らが知ってる君と。
それらはどれひとつとして私と手を繋いでくれない。

いいんだよね。
道を分けたのはきっとあたし自身。
あたしにだって別の道があるんだ。
しゃんとせなあかんね。
[PR]
by riitirou | 2006-12-20 00:38 | 心象
<< 今年は。 んっふっふ、Alloさ~ん。 >>